換気扇の掃除は洗剤選びが一番大事|プロ並の洗浄力

レンジフードを快適に使う

換気扇

換気扇の汚れを取る方法

キッチンで使っている換気扇は従来からの壁に設置されているプロペラファンの換気扇も一軒家ではありますが、マンションなどの集合住宅やリビングに隣接しているキッチンではシロッコファンと呼ばれるファンを使ったレンジフードが主流になっています。レンジフードは油煙を発生するレンジのすぐ上に覆いかぶせるように設置できるので、周辺に油汚れを撒き散らさず、ほとんどを吸引してくれます。しかし、それだけ油汚れが付きやすいためこまめな換気扇掃除が必要です。酷い油汚れのときにはレンジフードのファンを取り外して、ぬるま湯に重曹を溶かして1時間ほどつけ置きして下さい。さらに汚れが酷い時は重曹に少し水を加えてドロドロの状態をファンに塗って放置すると汚れが取れやすくなります。

内部の掃除も必要です

最近のレンジフードは自動的に換気扇掃除の機能を持った機種も登場しています。また、ファンは特殊なコーティングがされていて、汚れがつきにくくなってはいますが、どうしてもフィルターをしていたとしても油汚れはついてしまいます。分解しての換気扇掃除になるため、毎日実施することは難しいのが現状です。そこで年に一度の大掃除のときに、プロの換気扇掃除業者に依頼して徹底的にきれいにしてもらいましょう。しかし掃除はレンジフード本体だけしかしてくれないことが多いのです。ファンの先はダクトを通して外に続いています。ダクト内が汚れると、汚れが重なり換気効率が落ちたり、悪臭の原因にもなります。数年に1度のダクト掃除も依頼すると良いでしょう。