マルチデバイスも可能になったWeb会議のサービス!

マルチデバイスも可能になったWeb会議のサービス!

WEB会議

Web会議の進歩

Web会議は年々進歩しています。最近では専用のアプリケーションを導入しなくても、ブラウザから参加できるようになっているため端末に負荷をかけることが少ないのです。

会議室

マルチデバイスで利便性が向上

マルチデバイス化が進み、IDやパスワード一つで様々な端末で利用することができるようになってきました。会社ではパソコン、自宅ではタブレット、外出先ではスマートフォンという使い分けが出来るのが大きな利点ですね。

WEB会議

操作性の良いインタフェース

インタフェースも操作性に優れており、機械操作に慣れていない方々でも直感的に操作ができるようになっています。進歩し続けるWeb会議のシステムをぜひ実感してみましょう。

Web会議の活用シーンランキング

WEB会議
no.1

会議

Web会議の技術が一番活用されているのはやはり会議になっています。遠方の店舗や支社ともWeb会議で繋がることができるので、移動に時間と費用をかける必要がないためよく利用されています。

no.2

研修

研修にもWeb会議は利用されており、会議に次いで多いとされています。企業内での研修も多いですが、企業から企業への研修も行なわれていることがあります。このようにスキルアップの場でも活用することが出来るのです。

no.3

プレゼン

企画報告やプレゼン時にもWeb会議を利用するケースがあります。また商社であれば、海外との商談をWeb会議で行なうことも珍しくないのです。頻度としては会議や研修に比べて少ないため、ランキングでは3位になっています。

no.4

面接

遠くの方々に対してWeb会議を利用して面接を行なうこともあります。相手もWeb会議が出来る環境でなければならないという条件があるため、ランキング下位になっていますね。

no.5

カスタマーサポート

カスタマーサポートとしてWeb会議が使われることもあります。お客様の見ている物や状況をリアルタイムで確認することができるため、解決力は高く活躍度も高いとされています。地域によっては利用できないという部分もあるので5位に選ばれました。

広告募集中